二ヶ月半ぶりに脱毛サロンへ

先日、二ヶ月半ぶりに脱毛サロンへと行って参りました。
脱毛サロンといえば、通う前はこまめに行く必要があるのだろうと誤解していたのですが、実際には無駄毛の生えてくる周期に応じてお手入れが行われますので、通う頻度は多くても二ヶ月にたった一度で大丈夫です。

 

施術をするにあたっては、事前に予約を確保しておく必要性が有るサロンが一般的です。
最近の脱毛サロンは完全予約制システムであることが多いので、あらかじめ電話やネットなどで行く日時を伝えておくことが大切です。

 

脱毛サロンでは、私はワキとVラインのみを施術しているので、毎回あっという間にお手入れが完了します。
どちらの箇所も施術範囲が狭いということもあってか、2箇所合計しても来店から退店までにかかる施術時間は20分ほどで極めてスピーディーです。

 

脱毛をスタートしてから、毎日する必要があった無駄毛処理からもすっかり解放されました。
毛穴が目立たないきれいな美肌を手に入れられましたし、無駄毛のお手入れが楽になって嬉しいです。

 

二年前から取り組み始めたことといえば、ワキとVラインの脱毛です。
ワキは半袖の洋服やノースリーブの服を着る際には絶対に処理が欠かせない箇所ですし、女性にとってはエチケットとも言えるほど無駄毛処理が手放せない箇所です。

 

私のワキはあいにくとても毛深い体質で、剃っても黒い色素が目立っていたり、度重なる自己処理や毛深さからワキの黒ずみが気になっていたりと、脱毛を始める前は本当に無駄毛に悩むことが多かったです。

 

しかし、脱毛を始めるようになってからは、だんだん無駄毛の本数も減り始め、以前はしっかりとした太くて濃かった毛質も徐々に産毛のような状態へと変化し始めてくれたので、とても嬉しかったです。

 

最近の脱毛はあまり痛さも有りませんし、自己処理をする場合と違ってお手入れの頻度も格段に少ないものです。
ずぼらな性格なのでこまめにサロン通いをする必要性があると続かないですが、脱毛サロンへは二ヶ月程度に一度通うのみで良いので安心でした。

参考:恋肌 予約サイト

 

シーズンや加齢で肌質が変わる瞬間

シーズンや加齢で肌質が変わる瞬間があります。
その原因や肌質などにふさわしい素肌のお手当は必要ですが、自分が大切にしているのはメイクオフに関してです。

 

そこまでけばけばしいメイクはしてないけれど、化粧おとしはキチンとしたいと考えています。
ちなみにいつものメーキャップは、下地クリーム、クリームファンデーション、パウダーです。
アイシャドウなどはくすみが心配だから、いつもは塗りません。

 

家ではオイル状の化粧落としを利用しています。
お風呂の中でオイルをなじませつつとっていきます。
ケチらず乗せて撫でるように行います。
そうすると古い角質らしきものが手の平に付着してきます。
付かずに終了する場合もあります。

 

オイルタイプのメイク落としの使う量や時間のかけ具合は、各々の肌質に合わせて使用するのがおススメです。
自分はこれが適しているみたい。
少し前に会った方にも素肌がキレイって言ってもらえました。

 

もちろん化粧落とし後は顔を洗い、ローションそしてクリームを使っています。
化粧は皆さん施します。
日々行うクレンジングを再確認して美肌を目指しましょう。

 

全身美容の為には外せない体操

ストレッチは全身美容の為には外せない体操です。
柔軟ストレッチは誰にでもできる単純な体操なので、高齢の方だって出来るし幼い子でもやれちゃいます。

 

ただ、凝り固まっている部分やあまり使っていない筋肉なんかを伸び縮みさせる為に痛い感覚があったりします。
そんな事から柔軟体操を断念する方が多いのですが私は「ちょっと待った!」と言いたいです。

 

我慢できるくらいの痛さなら行った方が身体が伸びてきれいになりますし、そもそも痛すぎるくらいストレッチ体操をするのは良くありません。
痛みで息がとまってしまうような無鉄砲な柔軟ストレッチは筋などを痛める原因になるだけで本当の「ストレッチ」ではないんです。

 

ストレッチングのポイントに基づいて行えばあまり使っていない筋肉なんかも日に日に解れて柔軟性が高まってきます。
知識なくやると痛く感じるけれど痛気持ちいいところで止めてみると続けられますよ。

 

このストレッチ法であればどなたでもやれますよね。
ストレッチングを正しく行うだけで綺麗になれちゃいますよ。